« 理由はこうだ! | トップページ | 予定。 »

2017年4月 6日 (木)

おいしいお肉。

先日、お肉をいただきました。
シカのお肉です。

北海道外から札幌に移住してきて、m+oで家建てて幸せな生活をおくっている住人さんに1年ぶりに会ってみると、何とその方は鉄砲の免許を取って、シカ撃ちハンターとなっておりました。そして、ゴロリとした肉の塊(すね肉とロース)をいただいてしまいました。

鹿肉ですよ。ジビエですよ。
どうやって料理する??

とりあえず住人のアドバイスもあり、すね肉はちょっと固めなので煮込みました。
たっぷりの玉ねぎと一緒に圧力鍋でトマト煮にしました。
バター、ウスターソース、ケチャップ、ローレルの葉っぱ、ワイン(ロゼしかなかった・・・。)コンソメなどなど考えられる調味料をとりあえず全部投入しました。
結果、おいしいです。ネットで調べるとすね肉はゼラチン質が混じっていて、噛めば噛むほどおいしい。(写真なし)

そして、ロースの登場です!
これはもうローストビーフならぬローストシカにするしかないでしょう!

ということで、まずは昨年クリスマスに作ったローストビーフの画像からどうぞ。

P1230086

ちょうどその頃、テレビの「あさいち」でやっていた失敗しないローストビーフがやってみたくて、牛のバラ肉の塊を購入して作りました。
作り方は、塩・コショウしてからフライパンで強火で焼き目を付け、その後ラップしてジップロックに包んで1時間低温でゆでるというやつなんですが、完成したのがこれ↓

Img_7035

美しいピンク色。。。
これがなかなかの絶品でございました。
これで予習していたので、シカ肉も同じ感じでやってみました。

P1230899

ゴロリとした赤みのお肉。
見た感じ脂身はほとんどなさそうです。
同じように塩・コショウして30分ほど置く。
そしてフライパンで強火で焼き目をつけますが、この段階でおとなしい鹿肉が激変します。
牛肉はこの段階ではとてもとても静かに焼かれているんですが、比較的平べったかったシカ肉は火が入ると突然こむろ返りのようにのけ反り膨張して変形していきます。(火が強かったのかしら・・・?)

この光景を目にして思わず私は映画「遊星からの物体X」を思い出してしまいました。
皆さんご存知ですか。怖い映画ですよ。。。
たしか後半のクライマックスのシーンで宇宙人に体を乗っ取られたかどうかを判断するために、メンバー全員の血液を採ってシャーレに並べる。テストの方法は熱々に熱した鉄の棒をその採取した血液に順番に挿入するというもの。生身の人間の血液であればジュッと焦げてしまうだけなんですが、最後の血液だけは違いました。私の記憶が正しければ、確かその血液だけは熱々の棒を近づけたとたん激変したんです。確かひゅっと逃げたはずです。その途端その母体である人が体中から血を流しながら溶けていくという。。。
そんなトラウマものの映画です。

シカ肉を焼きながら頭の中でそんな映像と闘いながら、トングを使って必死でフライパンに押し付けました。
表面にしっかり焼き目がついたら、ラップしてさらにジップロックに入れて、
今度は時間短縮のために、いったん沸騰させたお湯にちゃポンと入れて待つこと30分。

出来ました。

P1230900


これホントにおいしかったです。
シカ肉って臭くて固くてワイルドな食べ物かと思っていたら、全然違いますね。。。
脂身がまったくない赤身なのに柔らかくて、口の中で溶けていきます。
食べ終わった後、なんてヘルシーな食材なんだろうと思いました。
ハンターの腕も良かったのでしょう。。。(←これポイント!)

ごちそうさまでした。

(お)

|

« 理由はこうだ! | トップページ | 予定。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 理由はこうだ! | トップページ | 予定。 »